Laravelのローカル開発環境構築(Mac)

HomesteadやValetは使わず、とりあえずローカル開発環境を作ってみる。

Composerインストール

Composerがなければ、インストールする

$ php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
$ php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '544e09ee996cdf60ece3804abc52599c22b1f40f4323403c44d44fdfdd586475ca9813a858088ffbc1f233e9b180f061') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
$ php composer-setup.php
$ php -r "unlink('composer-setup.php');"

Laravelインストーラのダウンロード

$ composer global require "laravel/installer"

PATHを通す

~/.bash_profileに下記の文を追加する

export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"

PATH確認

Terminalの再起動後、下記を実行し、正常にPATHが通っていることを確認 ([.composer/vendor/bin]が含まれていたら大丈夫)

$ echo $PATH

プロジェクト作成

プロジェクトの作成を行います。

$ laravel new (プロジェクト名)

プロジェクトフォルダにcd

$ cd (プロジェクト名)

Laravelの起動確認(ローカルのみで確認したい場合)

Laravel起動

下記コマンドを実行すると、URLが表示される。

$ php artisan serve
=> Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

ブラウザで確認

表示されたURLをブラウザのURL欄に入力して[Enter]!

Laravelの起動確認(ローカルでもスマホでも確認したい場合)

IP取得

IP=$(ifconfig | grep inet.*netmask.*broadcast | awk '{print $2}')

Laravel起動

php artisan serve --host=${IP} --port=8000

ブラウザで確認

表示されたURLをブラウザのURL欄に入力して[Enter]!
こちらの方法だとスマートフォンからでもアクセス可能です!

その他

githubでリポジトリ管理する場合は、下記手順を踏むと楽でした。

  1. githubでリモートリポジトリ作成
  2. git clone
  3. laravel new --force (リポジトリ名)

参照URL

https://getcomposer.org/download/
https://readouble.com/laravel/5.5/ja/installation.html


おすすめ記事
© 2016-2017 Fridles All Rights Reserved.