Web系かSIerか -就職/転職活動-

漠然とIT業界を志望している就活生、または、今SIerに勤めていてWeb系企業に転職することも視野に入れている 社会人にとって、Web系とSIerとで異なる点は気になるものだと思います。

私自身実際にSIerからWeb系企業に転職した経験があるので、両者について参考になることをお伝えできればと思います。

Web系かSIerかで自分の適正とフィットしていないと仕事が大変辛いものになるので、ぜひこの記事を読んで実りのある就職/転職活動にしてください。

SIerとは

日立製作所・NTTデータ・野村総合研究所等の元請け企業や日立ソリューションズといった1次請け、 または、その他諸々の2次請け3次請け企業の総称であり、ユーザ企業からのシステム開発の依頼を受け、システム開発をする企業のこと。 自社製品は持たず、ユーザのシステム開発を行う企業。1次請け、2次請け・・となるにつれて、開発業務の比率は 高くなっていく。

元請けは基本的にコードは書かず(研修で少し書くくらい)、主に要件定義やスケジュール管理や既存製品の調達等を行う。 (実は要件定義もほとんどしない。実際にしている人は1次請け・2次請けのシステムの仕様を詳しく知っている人たち)
1次請けは要件定義や基本設計をし、2次請けは詳細設計+コーディングをし、3次請けはテストや雑用をメインに行う。

Web系とは

Facebook・リクルート・Twitter・Yahoo・GMOのような自社製品を持っている企業。 ユーザ企業のために製品をつくるのではなく、自分たちのために製品を作る。 要件定義・設計・コーディング・テストをする人は基本的に分けず、一人で何役もこなす。

SIerとWeb系企業のざっくりしたイメージ

企業研究をしていたり、すでにこの業界に属している人であれば、だいたいSIerやWeb系について下記のようなイメージ を持たれていると思います。 しかし、これらはイメージではなく、事実としてこのようになっているのです。

SIer

  • スーツを着る
  • ユーザーの開発現場に常駐して業務を行う
  • 開発方法はウォーターフォール
  • 使用言語(サーバー側)はJava
  • 自由にソフトウェアをインストールできない
  • 技術力ない
  • Excel大好き

Web系

  • 私服ok(企業によっては音楽聞きながら仕事しても大丈夫)
  • 客先常駐なしでカジュアルなオフィスで勤務
  • 開発方法はアジャイル
  • 使用言語(サーバー側)はPHP, Ruby, Python, Node.js
  • 自由にソフトウェアをインストールできる
  • 技術力ある
  • プログラミング大好き

もちろん、プログラミングが好きな人がコーディングができるWeb系企業にいくとかはあるかもしれませんが(SIerではプログラマーは下に見られる)、 それ以外のある要因でこれらの差異が生まれてくるのです。

それではなぜこのような差異が生まれるのか

それはSIerは機能のみを重視することで、結果として技術力の軽視をしているからです。

どういうことかと言うと、SIerでは元請け企業がユーザからのシステム開発にあたり、要望を聞きます。

そして基本的にSIerはユーザの言う通りのものを開発します。ユーザの要望することといえば、

  • 見やすい(業務し易い)画面が良い
  • 日次のレポートを集計する機能が欲しい

などなど挙げたらキリがありませんが、これらの要望は全て機能に着目しています。 元請けはその後、こういった要望を受け、その機能を1次請け、そして2次請けに作成してもらうように、依頼します。

機能に着目することは当たり前といえば当たり前で、web系企業であっても、もちろん機能に着目しますが、 Web系がSIerとまったく異なるのは、保守しやすさ・テストしやすさの2点も考慮する点です。 ※保守性やテストしやすさについては、日々はてなQiitaで議論されているテーマです。

Web系では、一人が要件定義・設計・コーディング・テストを行うので、保守性やテストしやすさを考慮することは 自然ですが、SIerではユーザ企業はもちろんのこと、元請けや一次請けもそのような概念には親しみがないのです。 つまり、上流側の企業は保守性やテストしやすさはどうでもよく、ユーザの要望する機能が実装されればそれで良いのです。

そしてその結果、同じようなコードが何箇所にもあり修正しづらくても、またモジュールが適切に分割されてなく、 テストしづらくても問題がなく、ユーザの要望を満たして、とりあえずシステムが動けばokという状態になるのです。 (修正がしずらかったり、テストに時間かかったとしてもその分はユーザーに費用を請求するので問題なし。むしろ好都合!w)

最後に

Web系楽しいからみんなおいで!


おすすめ記事
© 2016-2017 Fridles All Rights Reserved.